Contents

鯖江市役所
鯖江商工会議所
越前漆器協同組合
福井県繊維資材工業組合
中小企業庁


 

 鯖江市の重要な基幹産業である繊維産業は、高度な技術力基にポリエステルやナイロン素材といった合繊長繊維を主体とした、広幅織物、ニット、レース、細幅織物、染色加工など多様な繊維製品を生産しています。「川中」と呼ばれる織物や経編みの中間加工業者が多く集積し、その高度な技術を駆使して、ファッション医療の服飾関係はもちろん、医療、自動車シート、エアバック、コンピュータ部品など産業用分野へも進出し、活躍する企業が増えてきています。
 東アジア諸国の急成長や消費者のライフスタイルの変化など、厳しい状況下に置かれている鯖江の繊維産業ですが、こうした世界に通用する技術と医療、福祉、航空、海洋、宇宙など新しい用途を開拓することで、明るい未来を拓く成長産業に生まれ変わることが期待されています。


★有名デザイナーと
☆若いクリエーターの出会い
1819年  立待村高島善左衛門
 石田縞を興す
1869年  福井藩バッタン機 フランスより購入
1887年  福井の機業家
 羽二重織物技術を伝習セルロイド枠
 の製品化
1889年  鯖江に輸出羽二重工場できる
1894年  福井生糸取引所・
 立絹織物同業組合設立
1896年  生糸検査所鯖江支所設立
1899年  羽二重売買協定
1913年  今立外三郡蚕種同業組合
 鯖江町に設置許可
1919年  輸出羽二重生産ピーク
1923年  越前製糸同業組合
 鯖江町に設置許可
1931年  福井県輸出羽二重工業組合設立
1974年  協同組合鯖江市機業連合会設立
 繊維会館建設
1979年  中国繊維技術使節団 来鯖
1994年  第1回鯖江ファッションショー開催
2000年  丹南産業フェアファッションショー
 開催
2000年  協同組合鯖江市繊維協会設立
2001年  イタリアカンデロ市旧「日本文化祭」
 に出展
2002年  マランゴーニ学院ファッションコンペ開催
 (〜2004)

 ■繊維の歴史
 鯖江市では古くから織物が生産されていました。歴史をさかのぼると、河和田荘が成立した1134年には当時有名な「八丈絹」を年貢として納める契約が文献に残されています。以来、養蚕・製糸・蚕種製造販売などが進み、明治の頃には全国でも有数の養蚕産地になりました。また、江戸時代には副業として石田縞織りが誕生し、農作業や学校の制服にも使われ、人絹織物に転換されるまでは県下で広く使用されていました。
 本格的な産業としてのスタートは、輸出羽二重織物の生産が始まった明治20年ごろといわれています。繊維王国と呼ばれた福井県の中でも鯖江市はその中心的な地位を占めていました。昭和初期の世界恐慌により羽二重織物が衰退すると人絹織物へと移り変わり、福井の『人絹王国』を支えました。戦後、昭和30年代に入ると技術革新とともに、ナイロンなど合繊糸が開発され、いち早くその加工技術習得に取り組み、現在ではすぐれた技術力で世界の合繊繊維産業リードしています。また、市内には原子メーカーや多くの染色加工業が集積し、繊維に関する業態のほとんどがそろう全国でも珍しい地域を形成しています。

 ■ブランド創出のために
 丹南産業フェアにおける丹南ファッションショーをはじめとする、さまざまなコンテストに素材を提供しています。産地の強みであるテキストスタイルづくりに新たな創造性を付加するため、若手クリエーターとのコラボレーションが進められています。その中からものづくりヒントを得て、オリジナルな商品づくりに着手し、開発力・デザイン力を高め、産地鯖江ならではの優位性を築こうとしています。
 メーカー主導型の受注生産だけではなく、産地が主体的に自分たちの作ったものを売り、デザイナーたちが選びやすく提案していく。ここに新しいSABAEの繊維が生まれていくのかもしれません。

 ■世界と闘える「新産地」創造への挑戦
 鯖江の繊維産業は中国を筆頭とする東アジアの成長に伴い、価格競争などグローバルな競争の中に巻き込まれています。しかし、このことは世界市場を相手に活躍するチャンスが生まれることも意味しています。高度情報化の進展と相まって、世界レベルの質やオンリーワン的なユニークな特長を有する技術、商品に世界は注目しています。たとえ、既成の基礎技術は東アジアに移転できても、新しいものを作り上げる、あるいは高度な技術が要求されるものの中には、日本そして鯖江にしかできないものがあるはずです。
 こうしたことを背景に、現在、国でも繊維企業の自立化へ向けた積極的な支援が行われています。独自な技術に磨きをかけて、新しい製品を世界に送り出し、新たな販路を開拓することで、受身の経営から積極的な経営への変換が行われようとしています。こうした自主企画で果敢に世界に挑戦している企業を積極的に応援していきます。
 さらに、今後は多様な技術が集積しているメリットを生かすため、鯖江に集う企業同士の交流も必要となります。『産地コミュニティ』と呼ばれる関係構築が、産地としての今後の鯖江を強化していきます。